恋人ができても続かないと嘆くあなたに

軽い不安感をあたえる

スポンサーリンク

恋愛をしていて相手が自分の事を大好きだった場合、安心しますよね。

 

安心すると、人は油断してしまいます。

 

その油断こそが恋愛においてはネックなのです。

 

油断をすると相手は自分の事が大好きだから大丈夫と言って、ワガママな行動を起こしたり、自分勝手な行動を起こしてしまったりと交際において面倒な事になってしまいます。


ワガママや自分勝手な行動を取られると交際を続ける意欲も無くなってしまいます。

 

それでは長続きする恋愛をするのは難しくなってしまうでしょう。

 

長続きする恋愛をする為には、常に相手に対して安心感を与えるのではなくて、軽い不安感をあたえながら交際を続けていくのも一つの手段です。

スポンサーリンク

安心しすぎて油断をする事を考えると多少の不安感を募らせながら、相手を大切にして恋愛をして行くほうがお互いにとってメリットで長続きする交際をすることができるでしょう。

 

油断をするよりも不安感によって、誠意ある行動をする方が恋愛を長続きする事が出来るので、相手に対して軽い不安感を与えながら交際をして行くと良いでしょう。

 

不安感と言っても本当に不安にさせてしまうといけません。


あくまでも不安感なので時々電話がかかっても出ないと言うような些細な不安感を与えましょう。

 

「仕事で出る事が出来なかった」

 

「電車に乗っていたので電話に出る事が出来なかった」

 

など後で言い訳が効く位の軽い不安にしておきましょう。

 

交際をしていて油断して破局を迎えないように長続きさせる為、時には軽い不安感を相手にあたえましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加