恋人ができても続かないと嘆くあなたに

ケンカの時は引くことも大事

スポンサーリンク

恋愛をして交際に発展すれば相手との距離も近くなります。

 

近くにいればいるほど相手の欠点が見えてきたり相手とのケンカも増えてきたりします。

 

もちろんケンカを全くしないカップルもいるでしょうが、交際中にはケンカもつきものです。

 

しかし、好き同士の些細なケンカなら直ぐに仲直りする事が出来るでしょうが、お互いがどちらも引かない場合、単なるケンカで終わらずに恋人関係の終息に向かってしまう事もあります。


本当は仲直りしたいのに向きになって引く事が出来ずに別れたくもない相手と交際が終了してしまうのは悲しいです。

 

恋愛を続けていくためにはケンカの時は引くことも大事なのです。

 

自分から引く事によって相手との関係も続けていく事ができるのなら些細な事は少し我慢すれば楽しく交際を続ける事ができるのです。

スポンサーリンク

貴方が引く事によって相手も自分が向きになりすぎた事を反省してくれる事も期待出来ます。

 

仲良く円満に仲直りして楽しい交際を長続きさせたいなら時にはケンカしても自分から引いてみるという事も行なっていきましょう。

 

ケンカをして自分は全く引かなくて相手の方がずっと引いていてくれた場合も一緒で、相手は知らず知らずにストレスが溜めているかもしれません。


そうなると相手の気持が爆発してしまって破局を迎えてしまうかもしれないのでお互い歩み寄りながらケンカの時は引くようにすると程よい関係を保つ事ができるでしょう。

 

交際中ですからケンカする事はあるはずです。

 

しかし些細なケンカから迎える破局を防ぐためにもケンカの時は引くことも大事だということを頭に入れておいてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加