恋人ができても続かないと嘆くあなたに

自分の感情を出し過ぎない

スポンサーリンク

交際も、長く続けているうちに徐々にお互いが馴れ合いになってきます。

 

そんな時に自分のありのままの姿になって感情を表に出しすぎてしまう場合があります。

 

しかし、恋愛していてそんな姿を見たいと思う人はあまりいません。

 

相手の変な感情を見てしまうと嫌になってしまって別れを切り出してしまう場合もあるので、なるべく恋愛を続けていきたいなら自分の感情を出し過ぎないように気をつけましょう。


自分の感情を出しすぎてしまうとキレたりする事が多くなるでしょう。

 

キレる人に魅力を感じる人はいないと思います。

 

もし相手に対して不満があった時は、冷静な態度で自分の思いを相手に告げるようにしましょう。

 

感情的になって話すと相手も感情的になって大ケンカになってしまいます。

スポンサーリンク

ケンカばかりしているとお互いが疲れてしまって長続きする恋愛をすることが不可能になってしまいます。

 

ですから思いを伝える時はなるべく冷静になって感情を出し過ぎないように心がけましょう。

 

感情といえば涙も多すぎては逆効果です。

 

男性が良く言う「女性の涙に弱い」という言葉がありますが、泣きすぎると逆効果で相手は嫌になってしまいます。


だから悲しい時でも感情的に泣きすぎると相手に不快な思いをさせてしまうことを頭に入れておきましょう。

 

もちろん男性の場合も泣く男は嫌がれる事が多いので気をつけましょう。

 

感情が全く無い人と付き合うのはおかしいですが、感情が多すぎる人と付き合っていくのも疲れてしまうのでほどほどにして自分の感情を出し過ぎないように心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加