恋人ができても続かないと嘆くあなたに

束縛はほどほどに

スポンサーリンク

相手のことを好きになればなるほど、自分の側に置いておきたくなるものです。

 

しかし、恋愛関係にあるからと言って相手を束縛すると、相手もこの恋愛において窮屈に感じてしまうことにもなりかねません。

 

そもそも、束縛をしたからと言って相手の気持ちが常に自分の方を向くとは限らず、逆に束縛をされる事によって逃げ出してしまいたくなる気持ちが出てくる場合もあります。


結果的には逆効果になってしまったというケースもありますので、束縛はほどほどにしておくようにしましょう。

 

例えば、相手が友達と遊びに行くといっても「どこに、誰と、何時から…」などとしつこく聞くことは、状況にもよりますがあまり良いとは言えません。

 

あまりにも必要以上に問い詰めると、相手の方があなたに対して不信感を抱くことになってしまいます。

スポンサーリンク

束縛するよりも快く見送られる方が、信頼されているという自信になり、嬉しい気持ちになってしまいます。

 

携帯電話で連絡を取れるようにしておかなければならない、という束縛する人もいます。

 

しかし、仕事中など電話に出る事の出来ない場合もありますし、どうしても電話に出る事が出来ない状況というのもあります。


それを理解し、相手を信頼するということも、恋愛においては非常に重要な要素となってくるのです。

 

相手のことが好き過ぎてどうしても束縛したくなる、というのもわかりますが、束縛は場合によっては逆効果になってしまうということはしっかりと理解しておきましょう。

 

だって、相手のことが好きなのですから、束縛によって相手から敬遠されるのは、本望ではないはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加